1. TOP
  2. FEATURE
  3. トリプルコラボキャップ完成…

New Era × WAKA NOZAWA × BAYFLOW

トリプルコラボキャップ完成!
野沢和香さんスペシャルインタビュー

FEATURE

2019.04.23

野沢和香さんとのコラボアイテム企画も今年で5年目。
今回は和香さんからの持ち込み企画により、New Eraとのトリプルコラボが実現!
New Eraのストリートテイストの中に、和香さんのキャップへの想いが散りばめられた特別なキャップが完成しました。

– 今回New Eraとのトリプルコラボが実現した経緯を教えてください。

野沢和香(以下 W) : 私、キャップがすごく好きで、以前からNew Eraのキャップを愛用していたんです。普段友達との会話の中で、キャップが欲しいけれど、どこのブランドのを買ったらいいのか分からないとか、どうやって選んだらいいか分からないっていう声が多くて。そういう人たちにオススメできるキャップを作りたかったんです。そんな時にたまたま仕事の打ち合わせでNew Eraと仕事するっていう人がいらっしゃって、すぐ「New Eraさん紹介して下さい」と(笑)。New EraとBAYFLOWでコラボできたらシーンを選ばずにかぶれるキャップができるなと思って。その方もすぐNew Eraチームを紹介してくださったので、BAYFLOWさんにもすぐにコラボの話を持ちかけたんです。BAYFLOWさんも面白いって言ってくれて。そこからはすごいスピードで制作が進んでいきました。

– 和香さんの熱い想いが、周りの人たちにすぐに伝わったんですね。

W : そうそう、パッション!みんながノッてくれて、いいねいいねって。本当にまわりの皆さまのスピード感ある対応のおかげです。

– 今回のデザインとカラバリは、和香さんが決めていったんですか?

W : 基本的には私が最初にアイデアを出しました。それからみなさんの意見も伺って。旅行が好きだから、最初はよく行く旅先に合うキャップを作ろうと思ったんです。キャップに「NY」とか「LA」って書いてあるような。自分が欲しいと思えて、どんなキャップを選んだらいいか分からない人たちにも選んでもらえるキャップが作りたくて。でも「NY」って書いたキャップはすでにあるし、新しいアイデアも追加して欲しいと制作チームから意見をいただいて。キャップに入れた言葉は何度もアイデアを出して、決まるのに時間がかかりました。

– たくさんのアイデアの中からキャップが完成していったんですね!それぞれデザインのこだわりを教えてください。

BW
W : BAYFLOWとWAKA NOZAWAの頭文字で「BW」です。NYヤンキースのキャップにインスピレーションを受けたデザイン。キャップの裏に「2014」って書いてあって、これは私がBAYFLOWとコラボをさせてもらった最初の年なんです。
HOLLA
W : 大好きなハワイのハッピーなイメージ。ハワイで挨拶する時に使う「HOLLA」という言葉を入れました。白で爽やかにして、裏にはフラミンゴの刺繍が入ってて、キャップを逆さかぶりする時にもフォトジェニックでかわいいでしょ?
THE CALI CAP
W : これはカリフォルニアの「CALI」。西海岸イメージだけど、リゾートだけじゃなくて街で普段使いできるような落ち着いたカラーにしました。
MEDITATION
W : 最初にキャップの横に文字を入れたいっていうアイデアがあって。横に大きく文字が入るって新鮮でしょ?「MEDITATION」は「瞑想」っていう意味なんだけど、文字を入れるなら自分と関係ある言葉がいいなと思って。ヨガをする人にはもちろんオススメだし、それ以外にも文字をデザインとして捉えてもらって、シャープなスタイルが好きな人に街でかぶってもらいたいな。

− キャップはどんな人たちに使ってもらいたいですか?

W : 今回のキャップはユニセックスに作っているので、男女問わず楽しんで欲しいです。New Eraはストリートのイメージが強いけれど、ストリートファッションだけではなくて、キレイ目のスタイルでもスポーティーなシーンでもクールにかぶれると思います。こういうスタイルに合う、というよりはどんなコーデにも合うかな。例えば「MEDITATION」はモノトーンのワンピとかドレッシーなスタイルにかぶってもかっこいいし。NYにもロスにも連れていけるキャップ、っていうイメージです。

− 最後に、この夏に和香さんがNew Eraのキャップをかぶって行きたい場所はどこですか?

W : 最近はアメリカに行くことが多かったので、北ヨーロッパの方かな。あまり行かないところに行ってみたいです。HOLLAか、MEDITATIONを持っていくかも。大人っぽい、本当にシンプルな無地のドレスにかぶる感じかな!

キャップをドレッシーに着こなしてヨーロッパの街を颯爽と歩く和香さんが目に浮かびます。
ストリートはもちろん、シーンやスタイルを選ばず大人っぽく着こなせるキャップが完成しました。
みなさんもこの夏はNew Eraのコラボキャップで、街や海、旅行に出かけませんか?